下記項目について同意された方のみお申し込みください。

秘密保持契約について

  • (目的)
    第1条 本規約は合同会社イツノクラ(以下当社という)とサービスをご契約いただくお客様(以下契約者という)との間で、作業に必要な認証符号等および各種相談において知り得る情報の取扱について、秘密保持に関する基本的な事項を規定することを目的とする。
  • (秘密情報)
    第2条 本規約にて秘密情報とは、第13条に定める契約実施期間中に、秘密情報を開示する当事者(以下「開示者」という)が秘密情報を受領する当事者(以下「受領者」という)に秘密である旨を明示した上で開示する本規約に関連する営業上、取引上及び技術上の一切の情報をいう。
  • (秘密情報の使用)
    第3条 受領者は、秘密情報を受領した場合、契約に必要な範囲でのみ秘密情報を使用すること及び本規約により明示的に許諾されるか又は開示者によりその後書面で許諾された場合を除き、秘密情報を本契約以外の目的に使用しない。
  • (第三者への開示の禁止)
    第4条 受領者は、秘密情報を受領した場合、自社の秘密を管理するのと同等の注意をもって管理するものとし、開示者の事前の書面による承諾なしに、いかなる第三者に対しても秘密情報を開示しない。 2.前項の規定に拘わらず、受領者は、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、当該秘密情報を開示することができる。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、受領者は、速やかにその旨を開示者に通知する。
  • (秘密情報の例外)
    第5条 以下の情報は、秘密情報に含まれないものとする。
    (1) 開示の時点で公知であるもの、又は受領者の責に帰すべき事由によらず公知となった情報
    (2) 受領者が開示者から開示される以前から正当に保持していた情報
    (3) 受領者が開示者から受領した秘密情報に依拠することなく創作した情報
    (4) 受領者が開示の権限を有する第三者から守秘義務なしに適法に受け取った情報
    (5) 開示者がかかる守秘義務の制約から除外することを文書により同意した情報
  • (秘密情報の返却)
    第6条 受領者は、契約が終了したとき又は開示者から秘密情報の返還、破棄又は消去を求められたときは、いかなるときにおいても直ちに当該秘密情報(複製物を含む)を開示者の指示に従い開示者に返還、破棄又は消去する。
  • (保証)
    第7条 開示者は、秘密情報を受領者に開示する権利を自らが有することを保証する。
  • (譲渡)
    第8条 開示者および受領者とも、契約により生ずる権利又は義務を相手方の事前の書面による承諾を得ずに、第三者に譲渡し、継承しない。
  • (成果物)
    第9条 本規定に拘わらず、開示者および受領者の事前の書面による異なる合意がない限り、秘密情報により新たな成果物が生じた場合、かかる成果物にかかわる一切の権利は、当該成果物に使用された秘密情報の開示者に帰属する。
  • (取得されない権利)
    第10条 開示者は、契約により秘密情報についての産業財産権、著作権及びトレードシークレット等の知的財産に基づくいかなる権利も、受領者に許諾し、又は譲渡するものではない。
    2.本規約に基づく秘密情報の開示又は受領は、開示者及び受領者間における製品、システム、サービス若しくは技術の購入又は取引について、約束するものではなく、また現在及び将来のいかなる言質を与えるものでもない。
  • (契約の非公開)
    第11条 開示者および受賞者は、相手方との関係のみならず、本規約の存在及び本規約に基づくあらゆる議論の存在を秘密とすることに合意する。
  • (損害賠償)
    第12条 開示者および受領者は、本規約に関連して、自己の故意又は重過失により相手方に損害を与えた場合であって、本規約に異なる定めのないときは、当該事由により実際に発生した損害について相手方に対して損害賠償の責を負うものとする。
  • (期間)
    第13条 契約の実施期間は、申し込み日(当社確認日)より1年間とする。契約の実施期間に拘わらず、第4条及び第11条に定める秘密保持義務については、秘密情報開示後1年間とし、第2条、第5条、第7条乃至第10条及び第12条乃至第14条は、本検討の終了又は契約の終了若しくは満了にもかかわらず、依然として一切の効力を有するものとする。
  • (その他の事項)
    第14条 契約の履行にあたり当社と契約者間で紛争が発生した場合、当社および契約者は、別途協議のうえ、円満に解決するよう努めなければならない。
    2.前項に基づく協議においても解決しない紛争については、名古屋地方裁判所を合意上の第一審専属管轄裁判所とする訴訟にて解決することとする。
コース選択
契約開始ご希望月
 月より
記入内容に間違いはありませんか?

前のページに戻る